サービス内容

ウェブサイト運用コンサルティング

改善を繰り返す

事業での成果を上げるためには、ウェブサイトの役割と目標をはっきりと設定し戦略を立てることと、成果を検証し目標を達成させるために改善を繰り返すことが必要になります。
ウェブサイトの運用コンサルティングでは、その目標を達成していくために、
ウェブ解析のデータやその時の状況に合わせ「問題の発見」「解決策の提案」などウェブサイトの運用全般に関することのアドバイス等を行います。

成果を上げるウェブサイトの共通点

成果を上げているウェブサイトを見て、成果を上げている理由はその設計やマーケティングにあると考えてしまいがちです。
しかし、成果が上がる理由はそれぞれ違います。手法を真似ても成果を上げることは難しいでしょう。
成果を上げるウェブサイトの共通点は「現状を分析し、成果が上がるまで改善を繰り返した」ということです。
大事なことは現状を解析する事と、予測し修正し続ける事です。

PDCAサイクルをまわす

まわりにはユーザーの興味や競合の動向など、不確実性が高く正確に予測することが困難なものであふれています。
目標達成までのプロセスを細かに設計しても、少しの要因で状況は大きく変化してしまいます。
小さな変化を見逃さず、週次、月次で変化に合わせた小さな改善策を打ち、その結果に基づいて次の改善策を打つといったサイクルが重要です。

Plan(計画)

ウェブ解析の結果をもとに仮説を立て、改善策の検討と評価を行い、ウェブマーケティング等の実施計画を立てる。

Do(実行)

計画に沿って施策を実行する。

Check(評価)

目標値とウェブ解析での結果を比較し、計画に沿っているか確認する。

Action(改善)

計画に沿っていない部分を調べ、仮説や改善策を見直し、改善する。

この4段階を順次行っていき、最後のActionをPlanにつなげ、螺旋を描くようにサイクルを向上させるよう改善を繰り返します。
大きく長期的なPDCAサイクルになるほど複雑になりすぎ、うまく回す事が困難になってきますので、短期間で小規模なPDCAサイクルを回したほうが効果的です。

定期的なミーティング

ウェブ関係者だけではなく、営業や製品開発などの関連部署も交えて意見交換できる場を定期的に作る必要があります。
ウェブサイトの改善によっておきた変化はウェブ関係者以外の部署での対応が必要となります。
「ウェブサイトでの目標が達成」=「事業での成果を上げる」となるようにこの定期的なミーティングを利用し、会社全体で変化にすばやく対応できる体制を作りましょう。

使用するツール

お問い合わせはこちら

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

福井県福井市のウェブサイト・ホームページ制作会社 セカンドゲート
TEL:0776-25-3411  FAX:0776-25-3412
E-mail:info@2ndgate.jp